任意売却の7つのSTEPを徹底解説!

任意売却が完了するまでには次の7つのSTEPがあります。

【STEP①】住宅ローンの返済の滞納

1

3ヵ月~6ヵ月程住宅ローンの支払いを滞納した場合、債権者から競売か任意売却かの判断を迫られるようになります。

【STEP②】任意売却に詳しい業者に相談

2

基本的にどこの不動産会社でもいいが、専門的な知識と実績を持つ不動産会社に依頼することをおすすめします。

【STEP③】不動産会社と媒介契約を締結

3

媒介契約には、専属選任媒介契約・専任媒介契約があります。

専属選任媒介契約は、買い主を自分で見つけることができません。

専任媒介契約は、買い主を自分で見つけることができます。

住宅ローンを滞納していて、追い詰められているので、専属でけいやくすることをおすすめします。

【STEP④】債権者から任意売却をする許可取得

4

任意売却をする場合、債権者と連帯保証人の許可が必要です。

【STEP⑤】不動産の売却活動を開始

5

売り出し価格を決めて、売却を開始します。この辺りは腕の見せ所です。

【STEP⑥】購入者と売買契約の締結

6

購入者が決まれば、買付証明を発行してもらい、売買契約を締結します。

【STEP⑦】引き渡し・引っ越し

7

契約が締結したら、引き渡しをします。引っ越しをしないですむリースバックという手もあります。

以上、相談から引っ越しまでの期間は、3~5ヵ月くらいです。競売の期間が決まっているので、速やかに手はずを整えるように、業者選びを頑張ってくださいね。

投稿日:2020年1月14日 更新日:

執筆者:

新しい記事はありません